カレー部長日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ボン・ナペティ

<<   作成日時 : 2006/04/06 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

お昼に食べたカレーで失敗してかなり凹んでしまった部長である。
どうしても今日もう一回カレーが食べたくなった。
こういうときは部長の好きな欧風カレーの店に行きたい。
ご存知のとおり、神保町にはボンディとペルソナという二大欧風カレーの店があるのだが、
それではつまらないと思い、神保町以外の場所にある欧風カレーの店に行ってみることにした。

そこで選んだのがこの「ボン・ナペティ」という店。
都営地下鉄の三田駅を降り、第一京浜(国道15号)を少しだけ浜松町方向に行ったところにある。
通り沿いなので、店はすぐにわかった。

画像

しかしそれにしても、入りづらい雰囲気だ。
半蔵門のプティフ・ア・ラ・カンパーニュも隠れ家っぽい雰囲気があったが、
この店は地下にある分、そのさらに上を行く。

店に入ってみると、お客さんは誰もいなかった。
店の中央に10人がけのテーブルがあって、その後ろにテーブル席がL字型に配置されている。
照明はそれほど暗くはなかったが、しーんと静まり返っていて、外の世界とはまったく遮断された空間だ。
部長は初めてなので、普通にビーフカレー(1,000円)を中辛で注文した。
「欧風カレーとワインの店」とあったので、グラスワインの赤(400円)も併せて注文した。

しばらくしてワインが、続いてじゃがいもが運ばれてきた。

画像

ふかしたじゃがいもが出るのはやはり欧風カレーの定番のようだ。
あつあつで美味しい。

そしてカレーの登場である。

画像

ほかの欧風カレーの店と同じように、ポットに入ったカレーが出てきた。
見たところ、あまりどろっとした感じではない。
ライスが丸い平たい皿に盛られているところが、ほかの店と違うところである。
さて、味のほうはどうだろう。
カレーをライスにかけて食べてみる。

画像

美味しい!
適度な甘さと辛さ。
やっぱり欧風カレーはいいなあ。
ボンディに比べるとくせもなく、あっさりめで食べやすい。
牛肉もゴロっと大きいのがいくつも入っていて満足。
問題はルーが少ないため、ライスが余ってしまうところか。

結局、部長が帰るまで、ほかにお客さんは入ってこなかった。
いつも夜はすいているのだろうか?

会計の時に5月末まで有効の200円割引券をくれた。
このシステムはペルソナと同様だが、どちらかがどちらかを真似たのだろうか!?
次来たときはチーズのトッピングを試してみたい。


ボン・ナペティ
住所:港区芝4-6-16 ライオンズビルB1
電話:03-3452-8062

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ボン・ナペティ カレー部長日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる